理科の雑誌『RikaTan』を使って凸レンズの性質を説明

【教科】理科

【単元】光・音・力

【学年】中学1年生

 

理科の雑誌『RikaTan』2015年冬号の、凸レンズの性質や利用に関しての記事を説明する場面で「書きこみシート」テスト用(A3判)を利用しました。

 

書きこみには色えんぴつを使用しました。

 

「書きこみシート」のざらざらしているマット面は、色えんぴつで書いても消しゴムで消すことができるので便利です。

凸レンズに当たった後の光の進み方や、像ができるしくみについて、雑誌の図の部分に書きこみながら、詳しく解説しました。

 

生徒に配ることができないような雑誌等で取り上げられた新しい話題の内容などについても、実物投影機で映すことで手軽に共有できます。

 

そして、ただ映して説明するだけでは分かりにくいことも、板書は難しい図などに直接書きこみながら図解できる「書きこみシート」は大変役だっています



テスト用の書きこみシートはA3判でサイズが大きいので、今回のような雑誌を見開きで見せたり、問題集や教科書にも見開きで使えるので便利です。

 

 

【事例提供:北海道K先生より】

プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright Kyoikudojinsha.co.,Ltd.All rights Reserved.