「たのしいあきいっぱい」を伝えたい!


【教科】生活科 【単元】たのしいあきいっぱい 【学年】小学1年生

 

教育同人社の生活科の教材『いきいきせいかつか』を使って学習しました。

 

『いきいきせいかつか』に付属されている「あきみつけたよあそんだよ」のシートに、子どもたちがそれぞれ記入した後、その書いたシートを使って、一人ずつ説明させました。

 

この時、「あきみつけたよあそんだよ」のシートを実物投影機で映して見せながら

説明させました。

 

言葉だけの説明ではうまく伝えられませんが、子どもが自分で書いたものを見せながらなので、伝えやすくなります。

 

同時に、子どもが話したことを、さっとえんぴつで教師が書き込んで、それもリアルタイムに見せていきました。

 

子どものワークシートに書きこむわけにはいかないので、「書きこみシート」テスト用にはさんで書きこみました。

こうすることで、より説明の内容がはっきりして、聞いている子どもたちにもわかりやすかったようです。

 

子どもたちは、自分の話した内容を書きこんでもらえるのでとても満足そうでした。

また、説明の発表後に、その発表の要点をまとめて話す時間もつくったのですが、書きこんだ内容を見ながら行うことができて便利に使えました。

 

【事例提供:宮城県I先生より】

プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright Kyoikudojinsha.co.,Ltd.All rights Reserved.