むかしばなしがいっぱい


【教科】国語 【単元】むかしばなしがいっぱい 【学年】小学1年生

国語の教科書(光村図書)に、折りたたみになった昔話のイラストが描かれたページがあります。開くとB4サイズになります。

片面には日本の昔話のイラストが、裏返したもう片面には外国の昔話のイラストが描かれています。

どのイラストが、何という昔話のイラストなのかを一つずつ確認するときに、「書きこみシート」テスト用を使いました。

 

実物投影機でイラストのページを映し、「書きこみシート」ではさんで、見つけた昔話のイラストを丸く囲んで昔話の題名を書きこんでいきました。

たくさんの昔話のイラストが描かれているのを見つけて、子どもたちは大喜びでした。

 

日本の昔話の方は、ホワイトボードマーカーを使ってつるつる面に書きこみました。

外国の昔話の方は、「書きこみシート」の裏面を使ったので、えんぴつで同じように書きこみをしました。

 

つるつる面にホワイトボードマーカーで書きこみした。日本の昔話の面は、すれて消えてしまった部分もありました。サッと消せる便利さはありますが、書いた部分が安定するのはえんぴつで書いた面でした。

見え方は、ホワイトボードマーカーで書いたほうがはっきり見えましたが、えんぴつも、2B以上の濃い芯で大きめに書くと見えます。

後から聞いた話ですが、えんぴつで書ける面にも、ホワイトボードマーカーで書くことができるそうです。その場合、消す時は消しゴムを使います。用途に応じて使い分けると更に便利に使えると思いました。

 

【事例提供:静岡県M先生より】

プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright Kyoikudojinsha.co.,Ltd.All rights Reserved.